神の左手・奇跡の天才ドクター

先週からの新番組【夏ドキュ!】 日テレ月曜午後10時。

で、先週と今週のお題 「神の左手・奇跡の天才ドクター」

今週は心臓外科医と整形外科医。
先週は脳神経外科医と消化器科医。


で、なんで左手なんだ???


ドクターらは左利きでもないし・・・ どっかの番組を意識してとしか思えん。
名医の紹介番組、毎週のようにやってますね。



そして、このての番組をかかさず見てしまうワタシ。
それも脳神経外科医とあれば見ないわけがない。


旭川赤十字病院・脳神経外科部長 上山博康医師

脳動脈瘤手術の権威でテレビで拝見するのは2度目。
1度目はNHKのプロフェッショナルで見て謙虚なお医者様だと感想をもった。
今回もやはり同じように思った。
「患者は人生をかけてやってくる。医者も逃げることなく同等の覚悟を持って臨まなければ」
人生を手術する。
今回の番組での患者さんは、まだ若いお嬢さんだった。
かなり大きなコブ。そして深刻な症状だった。

命だけではなく後遺症も出ないように。皆、願いは一緒。

軽い後遺症(リハビリで回復可能)はでたものの彼女の命は救われた。
どこの病院でもオペは無理(命の秒読み)と言われていたそうだ。


インタビューで上山医師は・・・
彼女のこれからの人生の手術は成功。
子供も生める。女性としての人生なにも心配ない。
悪い男に引っかかれば話しは別だけどね・・・って。意外と辛口。



医療系番組。
自分としても関心は大だったけどチチが患い
患者家族としても、より関心は膨らんでいってるようだ。

上川医師のほかに紹介されていた3人のドクターの左手も興味深く拝見。
次回の「神の左手」は9月とのことだ。
[PR]

by milimili_sp | 2007-07-10 22:47 | 報道&書籍  

<< お蔭さまで・・・ 主治医が見つかる診療所 “神の... >>