カテゴリ:入院暮らし( 20 )

 

一般食 軟菜 きざみ

入院中の食事。
おかずが選べる。そこまでの融通はききませんがリクエストが出せました。
病状や薬の関係での禁食はもちろんですが、ただの好き嫌いで拒否もできたりです。
そして、こんなこともリクエストできるの???・・・と。

ワタクシの術後の食事オーダー【一般食 軟菜 きざみ】
カロリーや塩分などに制限のない一般食を軟らかく調理して食べやすく刻んでね。
というリクエストです。
開口制限(口が開きづらい)、口は開くが噛む力が弱かったのと痛みがあったので
リクエストしました。(あらかじめこうゆう項目があるのです。)

もう毎食が楽しい!これはいったいなに?って大騒ぎです。
献立がわかっていても考えてしまう。想像力を要します。
そして元のカタチ(人様のおかず)を確認→納得が食事前のお約束となりました。



↓このように配膳されてました



c0103389_0224161.jpg
全粥・梅干
さんま塩焼き おろし&すだち
煮物
みかんの缶詰め



c0103389_0295420.jpg
全粥
とりレモン焼き
ミニサラダ(トマト・キャベツ・ブロッコリー)
高野豆腐煮つけ
牛乳



c0103389_0344689.jpg
全粥
おでん
胡麻和え
バナナ


主菜をクローズ。 献立表なしでわかりますか?
[PR]

by milimili_sp | 2007-01-17 16:44 | 入院暮らし  

入院26日目~33日目/退院 (12/1~12/8)

お陰様で12月8日に退院致しました。

皆様にはご心配頂いたり、励まして頂いたり、と気に掛けて頂いておりましたのに
退院のご報告及び近況のお知らせを滞り申し訳ございませんでした


退院の話しが出始めた頃から情緒不安定となりました。
病院の守られた環境の中で好き勝手にやってるのが安心だったのです。
自宅に戻り3週間が経とうとしています。今もまだ戸惑いの毎日です。
病院と下界の違い。後遺症との付き合い。意味なく苛ついていたり。
これまではDrの頑張り。これからがワタシの闘いです。
そして今日は退院後外来、後遺症治療のお話しがありそうです。


■12月1日(金)
 病理の結果がでた。2種類とも【良性】。
 従って退院時期についての話しもでてきた。 
 週末の外泊は却下された。外泊=退院だからもう少し我慢と諭された。
 顔面神経麻痺が残るかもと。後遺症確定に時差があるのがたまらない。
 昨日入ってきた強烈オバちゃん、検査中暴れ検査にならなかったようだ。
 病室に戻って来てからも賑やか。
 ワタシも経験のある検査だが、そんな大騒ぎするもんではない。
 お隣に髄膜腫の方が入院された。

■12月2日(土)
 同室の賑やかなオバちゃん、朝から騒がしい。
 今回は2泊3日の検査入院で退院のはずが帰る・帰らないと駄々をこねだしてる。
 看護師さんがなだめ、Drもなだめ、迎えに来た家族もあきれ気味。
 安眠妨害を受けていた我々はひたすら願う。「帰って!」と。
 結局退院していった。それを見届けてルームメイトは外泊。
 今日は昨日入ってきた人とふたりだ。
 外泊は却下されたが外出を希望してみた。
 前の時もそうだったが外気にふれてみないとわからないことがある。
 退院が近いなら外歩きを試したい。と、お願い。
 許可がでたので2時間外出。
 病院の敷地を出たとたん違和感を感じた。
 歩いてても宙を舞ってるよう。せっかく出れたのだから・・・。と
 ガンバッテしまった結果、発熱。
 病院に戻って安静。

■12月3日(日)
 昨日のこともあって病室で静かに過す。
 午後、家族や友人らが見舞いに来てくれたので気分転換になった。
 自分で思うほど体力は回復してないのか・・・ と思い悩む。

■12月4日(月)
 食事メニューが一巡した。
 そんなこともあって退院願望が強くなり、Drと退院の相談。
 週末に退院決定!
 決まったら決まったで迷いだしたり。
 これじゃ猛烈オバちゃんと一緒だ。「帰りたい。帰りたくない。」
 心がザワザワしだした。

■12月5日(火)
 退院日が決まったと会社に報告したせいか仕事関係のお見舞い客が続いた。
 外面が良いワタシはついガンバッテしまう。
 気も紛れたが疲れもした。
 
■12月6日(水)
 お隣の髄膜腫さん、オペ。ワタシがいる間にこの部屋に戻ってこれるかな?
 退院前にもう一度外出にTry。
 結果は一緒。更に自信喪失。
 戻ってからは鎮痛剤を飲み横になっていた。
 Drが外出の様子を聞きにきたので、退院についてもう一度相談。
 病院の環境に慣れすぎてしまったけど、外の環境にも慣れていかなくてはダメ。
 退院を延ばしても意味はなさそう。馴れるしかないのだ。
 久々にDrと世間話しもできた。
 医者を志そう思った幼少の頃の話しや外科医としての適齢期?など
 お向かいのルームメイトも一緒に楽しい時間だった。
 3人は同い年。同い年ってだけで親近感って違うよね。
 調子悪かったはずが無駄話しで治った。

■12月7日(木)
 術後初の眼科受診。
 眼科の顔なじみの看護師さんに驚かれた。入院のこと知らせてなかったっけ。
 右目は相変わらず開いてないので検査がしづらい。
 眼球運動については時間経過と共に期待できそうとのこと。
 伴って複視についても。でも1~2ヶ月は待たないとだ。
 待って治っていればいいが、やっぱダメだったじゃ立ち直れないかも。
 心も鍛えていかないとだ。
 ベッドまわりの整理をした。いよいよ明日退院だ。
 気持ちは嬉しくもあり、不安でもあり。

■12月8日(金)
 いつもと変わらない朝。
 事務から退院会計が届きワタシだけがいつもと違う。
 33日の入院生活の終わり。
 Dr、看護師さん、ルームメイト、皆にお礼やお別れをして家に帰る。
 晴れやかな気分ではない。
 これからのほうが大変だと知っている。
 ひとつづつ自分で折り合いをつけながら、あせらず、ゆっくり。
 簡単で難しいことなんだぁ。
[PR]

by milimili_sp | 2006-12-28 09:03 | 入院暮らし  

入院22日目~25日目 (11/27~11/30)

12月になりましたね。
世間はきっとクリスマス一色なのかなぁ。
ここに居ると季節感がありません。
一定の室温に保たれ、外は暑いんだか、寒いんだか。
風が吹いてても聞こえてこない。
今年は年末の慌しさと無縁に過ごしそうです。

■11月27日(月)
 朝一番に採血。
 輸血なし手術だったので貧血度を調べる。
c0103389_6464223.jpg病室で編物が流行る。
脳外病棟人は帽子が必需品だから
自分でも編むのです。
私も始めた。
1作目はずきん型(耳つきみたいな、バイキンマンみたいな)の
予定。
キルト(縫い物)は目がしんどく無理だったけど
編物はOKです。

 Drからのおはなし
 前回よりも回復が早い。
 傷の腫れがすべて引くのに3ヶ月はかかるとのこと。
 目の働きは眼科にも掛かって追々と。

■11月28日(火)
 CT撮影。造影剤なしだが頭に響いた。
 それは気のせいらしいが。
 病院主催のクリスマスコンサートが催された。
 某楽団の四弦奏(バイオリンX2,ビオラ、チェロ)
 1時間という時間で子供も素人もわかる構成。
 個人的にはドラエモンより違う曲聴きたかったけどね。
 会場の照明が眩しかった。やはり光は苦手のようだ。

■11月29日(水)
 MRIの検査が込んでるらしい。
 退院後に外来で受けたらどうかと話があった。
 そろそろ退院ということだろう。
 毎年このころにインフルエンザの予防注射を受けている。
 ここで受けられるか聞いてみたら、術後間もないのでまだダメ。
 今シーズン、受けられるようになった頃は流感まっさかりだなぁ。

■11月30日(木)
 前の病室から一緒だった人が退院しました。
 つまらなくなった。
 今日からの新入りさん(オバちゃん)は下品な感じ。
 大声でしゃべる。寝ててもイビキにオナラ。ちょっとーって感じ。
 知人からお見舞いにクリスマス・デコレーションの寄せ植をもらいました。
 かわいいんだけど・・・。
 鉢植え→根付く→寝づく。こんなことを気にする小さい奴です。汗。
 目の開きが少しずつ広くなっています。
 開いた分、視点はズレてるようにも思うのですが。
 まだまだ様子見です。
[PR]

by milimili_sp | 2006-12-01 06:46 | 入院暮らし  

入院20日目~21日目 (11/25~11/26)

週末の病棟はとても静かです。
土・日は基本的には処置がないので、病状が安定している患者さんは一時帰宅ができます。
帰られる患者さんも多いので看護師さんの人数も少なめ。
看護助手のパートさんもお休みです。

■11月25日(土)
c0103389_6244798.jpg木曜に抜糸は済んだのですが洗髪許可はまだでした。
なので頭にはまだ三角巾をかぶっています。(薬とかかさぶたとかで傷のまわりはすごい)
頭は包帯より三角巾のほうが塩梅が良いのです。
頭が洗えるまでは三角巾をかぶっただけで傷を乾かしていました。

 そして洗髪許可の日。
 洗っていいよと言われても傷を見ると躊躇。
 土曜日までなのか土曜日からなのかもよくわからなくなったので見送り。
 洗髪したら【帽子】。暫くはかぶりもののおしゃれに励みます。

■11月26日(日)
 今週末は外泊が許可されなかったので病棟で週末を過ごしています。
 すごい回復ぶりで退院が早いのでは?と噂がまわり
 同僚・友人・知人がこぞってお見舞いに来てくれました。
 朝は10時から夕方6時半まで。ひっきりなし。
 入院暮らしは退屈だし、来てもらえるのはとても嬉しいです。
 ワタクシ自身もすっかり良くなってると思ってましたし。
 でも、さすがにぐったり。
 自分で思っているよりはまだまだなのねと反省。
 夜、思い起こしてみたら日曜1日で20人の人と会ってた。
 そりゃぁ、元気な時でも疲れるわなっ。
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-28 06:24 | 入院暮らし  

入院10日目~19日目 (11/15~11/24)

オペから10日目となりました。経過はとても順調です。

【日にち薬】と言われるよう、日を重ねるごとに元気を取り戻しております。
傷の痛みや、腫れ、貧血などはあるものの、7割がたは復活の兆し。
目の腫れで見づらいことは続いていますが、頭の働きはOKです。
でも記憶力も低下するお年頃、忘れぬうちに。

■11月15日(水) 手術 → ICU(集中治療室)
 落ち着いた気持ちで手術に向かえました。
 手術は8時間に及んだということですが
 眠らされていた私には記憶なし。
 術後に入ったICU。3年半前の記憶も蘇った。ここにいる間は辛い。
 忘れていた辛さなのだから、たいしたことないのかもだが。

■11月16日(木) ICU → 回復室(病棟個室)
 顔に腫れがでた。パンパン。目は開かないに等しい。
 ベッドのままCT撮影に向かいそのまま回復室に移動。
 まだ体がしんどいのに移動させられるのはたまらないかも。
 ほとんど薬(点滴)で眠らされてたかな。
 鼻から胃に入っていた管を抜いてもらった。
 入れた時は記憶なしだが、抜く時は正気だから、これはこれでしんどい。
 メチャクチャ痛かった。

■11月17日(金) 回復室 → 一般病室(元の病室)
 個室なのに居心地が悪かった。
 なぜなら、歓談室の隣に位置した個室で朝から晩までテレビ大音量。
 それも、朝から晩まで【みのもんた】
 朝のワイドショー、昼の情報番組、晩のクイズ司会と、
 1日中【みのもんた】の声を聞いてた。早く開放されたかった。
 うるささを訴えてせいか、1日で一般病室に戻れた。
 前回は3~4日居たはず。順調なのだろう。(込み合ってるという説も)
 一般病室のほうが個室より静か。落ち着く。 
 顔の腫れは変わらずだが、左目は元に戻りつつあり。
 尿管も取れ、管の束縛から逃れられた。
 看護師さん同伴だがトイレまでの歩行が許される。

■11月18日(土)
 相変わらず顔の腫れはひいてない。やや右目が開くように。
 でもつぶっていたほうがラク。
 お昼から食事(お粥・軟菜)が取れるようになる。
 病室内なら自由歩行可。

■11月19日(日)
 担当Drが当直だったため、日曜だが傷を見てもらえた。 
 順調とのこと。
 額にも傷がかかるのだが、それを避けての洗顔許可あり。
 なかなか難しい洗顔となる。
 左目は二重にまで復活したが、左頬はまだ腫れあり。
 右半面はビジュアル的にはまだまだの状態です。

■11月20日(月)
 顔の腫れ、痛み、目の見づらさは変わらずだが
 動くことはしんどくなくなってきた。
 夜、点滴も外れた。一山越えたかな感あり。
 ブログにも術後第一声をあげられた。

■11月21日(火)
 点滴がなくなったせいか、いつもどおりにしていたらしんどかった。
 1日中、横になったり、起きたり、を繰り返し様子を見る。
 栄養がまだまわってないのだろう。点滴の再開を考えた。
 仲良くしてもらっていたお迎えさんが隣室に引越し。
 ほかのベッドも出たり、入ったりで部屋の感じがまた変わった。
 見舞客解禁。人前に出ても大丈夫程度まで腫れおさまる。
 っつーても、まだ腫れてるけどね。

■11月22日(水)
 術後1週間となり抜糸予定。Drのオペが早く終われば抜糸です。 
 首下なら入浴も可能となりました。
 ひとつ空いていたベッドに回復室から移動あり。
 主治医が同じようです。なんかイヤ。

■11月23日(木)
 祭日ですがDr当直のため、抜糸してもらいました。
 拘束感が弱まり、顔(目)の動きもラクに感じる。
 右半面の腫れは相変わらず。
 隣室で過ごすことが多くなる。

■11月24日(金)
 隣室に引越しです。
 Drに外泊願いをしました。(冗談でね)
 「え?? いつ??」と言われたので「今日から1号室に外泊したい」と。
 病室はDrの管理下ではなく看護師さんなんだと笑われた。
 でも話してくれたようで、午後に引越し
 馴れたルームメイトとまた楽しい院内暮らし。
 移りたかったのは、まぁ、ほかにも理由あり。追々とね。


と、いうことで術後~9日分の覚え書きでした。
この間の写真もいろいろ撮っています。
退院後にまたバージョンアップでお届けできたらと思います。
とりあえずのところ、ここまで順調に回復しております。
皆さん、応援ありがとうございます
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-25 07:25 | 入院暮らし  

順調です。

皆様、ご心配おかけしております。

15日、無事オペ終えました。
8時間ちょっとかかったようですが、目の裏と鼻の奥にもあった腫瘍は
全摘できただろうとのことです。
術後は、しんどかったけど一昨日くらいから大分らくになりました。
今日はベットで起き上がれています。
顔はまだ大腫れで右目はうっすらしか開いてませ~ん。
点滴もまだ続いていますが順調とのことです。

規則違反だけどベットでこそこそ投稿メールしております。
きっとコメントもたくさん頂いていることでしょうが拝読出来ておりません。
復活には少し時間がいるようです。お返事はいずれまたあらためまして。
取り急ぎ経過順調のお知らせまで。

皆様いろいろとありがとうです。
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-20 18:16 | 入院暮らし  

手術日の朝

只今、遠征準備中です。
今夜はICUに。
そして数日間はナースステーションに近い個室滞在。
この病棟のメインストリートに進出できます。
今までは手のかからない患者様なので一番端っこにいました。

皆さん、応援コメントありがとうございます。
すべてが私の力となり、希望となります。

ではそろそろ出陣です。
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-15 08:04 | 入院暮らし  

9日目

いよいよ明日となりました。

今日、明日のオペのお話しがありました。
画像も見せてもらいましたが私が思っていたより大きかった。
右目の裏あたりから鼻の裏に少しかかるあたりです。

今の気分はわりと落ち着いています。
もう少し緊張感を持ってもと思うくらい。
明日は3数えてるうちにわからなくなり、目が覚めた時には新しい未来が始まってることでしょう。

暫く、携帯投稿もできません。
皆さんのコメントを読ませて頂くこともできません。
次にここでお話しさせて頂く時には私は勝ち誇ってるに違いません。
では、一丁闘って参りまする。

明日は9:00amスタート。8時間くらいのオペになるそうです。
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-14 21:25 | 入院暮らし  

8日目

今日で術前の検査は全て終了しました。
明日は今までの検査の結果とあさっての手術のお話しを聞きます。

腕のあちらこちらに針の痕が目立つようになりました。
そんな腕を見てると、あ~病人してるんだと思います。

今日は苦手な造影剤を入れてのCT撮影がありました。
薬剤が入るとカァーと熱いものが込み上げ
鼻にツーンと抜ける感じが苦手。
何度やっても馴れません。
MRIも造影剤を使いますが、こちらは平気。
なにが違うのでしょうね???

◎今日の検査
CT撮影(造影)
麻酔科受診
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-13 21:24 | 入院暮らし  

7日目

一時帰宅も終え再び病院暮らしに戻りました。
今日は「しつこいぞー」と言われるそうなぐらいUpしています。

c0103389_22124948.jpg今日のお昼は両親と日本料理のお店で【手桶弁当】を食べてきました。
ここのところ我が家のお気に入りのお店です。
退院する頃には鍋も始まってるそうなので我が家での快気祝いもここに決まりです。

しかし今日は寒かったですね。
出たついでに浅草の観音様でお参りしたかったけど断念。
風邪をひいたらもともこもない。
小さい頃から大事なことは観音様にお願いするんんだけど・・・。

家ではPCに張り付いていました。
たいしたことしてなくても、やっぱり家はいいなぁ。
[PR]

by milimili_sp | 2006-11-12 22:12 | 入院暮らし