タグ:口腔外科 ( 1 ) タグの人気記事

 

口腔外科外来 (12月18日)

退院後の初外来は【口腔外科】でした。

  【口腔外科】は口の中の外科的処置を行う科です。
  歯だけではなく、舌・歯肉・頬粘膜などの口腔軟組織、神経、顎や顔面の骨、
  顎の関節などの領域の疾患の原因と病態を追求します。

手術で髪の生え際を耳の前から半円状に切開しています。
口を開ける筋肉も切断され開口制限(口が開きづらい状態)という後遺症。
前回はこの後遺症にすごく泣かされました。
再発、再手術となって一番イヤっと思ったことが開口訓練。開口制限のリハビリでした。
再発のショックとか、手術の恐怖とか、ではなく、開口訓練をもう一度する。 
これがなによりもイヤでした。

ICUで起こされた時のこと。
いろいろと確認されることがあるのだが、自分としてはまっさきに口が開くか確認。
側にいたDrに「口、開いてる~!!」って叫んでました。


3年ぶりの口腔外科です。
先生らはほとんど変わってませんが、衛生士さんらはすっかり顔ぶれが違ってました。
今回は口が開きづらい症状はでてませんが念のために診てもらいます。
それに“片噛み”についても聞きたかった。
ワタシは前回の手術以降、三叉神経の2番が麻痺しています。
顔の右側、下瞼から上唇までが痺れてるのです。
なので右の上の歯は噛んでる感覚がないので、左の片噛みになってしまいました。
今回の手術で痺れは更に強くなりました。

ひととおり診てもらい今回は加療の必要はないとのことでした。
前回同様の手術をしたのになぜ?という疑問の答えはわかりやすかった。
例えは悪いが、モノでも(金具とか・・・)一度バカになっものってダラ~ンとしたまま。
それと似たようなこと。とことんいじってたのが幸いしました。
やっぱり例えが変かな。
ダメージ箇所にダメージ上乗せしても。と、固まった筋肉を力づくで緩めましたから。
口腔外科のDrも「あの時とことんやっといて良かった」と。
もし、今回も同じこととなっていたらどうだっただろう???
何度も投げ出したくなったリハビリだった。毎回泣きそうだった。
どんだけ辛いかわかってる。でも続ければ良くなることもわかってる。
同じ状況だったら経験が後押ししてくれただろう。
“片噛み”もOKだそうだ。
片方でも噛めれば噛みあわせに問題はないんですって。

そんなわけで、口腔外科の通院はなしです。
散々心配に思っていた“開口制限”の後遺症がでず、ほっとしています。
[PR]

by milimili_sp | 2007-01-09 00:32 | 外来通い